小谷クリニックでは外来一般診療の他、定期往診・訪問看護などの在宅医療にも取り組んでいます。

〒236-0012 神奈川県横浜市金沢区柴町349-1 TEL:045-781-7889

>> コラム(コラムの一覧はこちら)

コラム

ご挨拶(及川茂輝)

2013.9.3 / 2:23 PM

皆さんはじめまして。この度、小谷クリニック小児科に赴任いたしました及川茂輝と申します。この風光明媚な地域で診療活動をすることができ嬉しく思っております。

私は福島県立医科大学を卒業後、神奈川県立汐見台病院にて初期臨床研修を修了し、その後横浜市立大学小児科に入局いたしました。

これまで、国立病院機構横浜医療センター小児科(戸塚区)にて小児科一般(気管支喘息、アレルギー、感染症、けいれんなど)を経験し、横浜市市民総合医療センター総合周産期母子医療センター(浦舟)、横浜市立大学医学部附属病院(福浦)にて周産期医療に従事してきました。

私はもともと、最終的には小児科の地域医療に従事したいと考えていたため、この間、地域のクリニックにて小児科一般外来の研鑽を幅広く積んでも参りました。また、障害児者医療にも関心があり、神奈川県立こども医療センターや訪問の家朋診療所などにて診療に従事いたしました。

子育てをしていく中で親御さんにとって子どもの健康に関する心配は尽きませんが、昨今の小児医療に進歩により、小児の病気は入院しなくても外来通院で治せるものが多くなってきています。また、ワクチンの種類も毎年のように増え、ワクチン接種により細菌性髄膜炎など、これまで多くの子どもを苦しめてきた重篤な感染症も減ってきています。

こうした状況の中で、気軽に受診できる地域の小児科クリニックの果たす役割は今後ますます重要になっていくものと思われます。

当院では、子どもが地域で安心して成長していけるよう、縁の下の力持ちの役割を果たしていきたいと考えております。

実際の外来診療では、感染症、喘息、アレルギー、乳幼児健診、母乳・離乳食相談、発育・発達相談、小学校高学年から中学生のストレス性の身体症状(朝登校前の頭痛、腹痛など)などのご相談をお受けすることが多くなっています。ワクチンはすべて対応しており、接種スケジュールのご相談にものっております。

ご希望の方には漢方薬も処方しております。何でもお気軽に相談ください。