小谷クリニックでは外来一般診療の他、定期往診・訪問看護などの在宅医療にも取り組んでいます。

〒236-0012 神奈川県横浜市金沢区柴町349-1 TEL:045-781-7889

>> コラム(コラムの一覧はこちら)

コラム

新任医師紹介

2010.4.13 / 9:40 AM

4月より3人の医師が新任しました。自己紹介文を掲載します。みなさん、よろしくお願いします。

小児科部長 中村昌徳

2010年4月1日より小谷クリニックに勤務しております小児科医の中村です。

1996年3月に日本大学医学部を卒業し、日本大学附属板橋病院小児科、東京都立大塚病院新生児科,静岡県立こども病院血液腫瘍科,横須賀市立市民病院小児科にて小児科一般医療、小児血液腫瘍医療、周産期医療を専門に診療してきました。

小児科の診療内容は、新生児から小児期を過ぎて成人した患者様まで幅広い年齢層に関わるようになってきました。これまでの小児科医の対象とされてきた新生児から高校卒業までに限らず、引き続き出会う諸問題に柔軟に対応する診療体制が求められています。一人一人の子どもたちが抱える問題,成人後の問題についても、当院各診療科、近隣の諸先生方と連携をとりながら,微力ではありますが地域医療に貢献できるよう診療していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

整形外科部長 横尾直樹

はじめまして、この4月より小谷クリニックの整形外科に赴任しました横尾直樹と申します。

私は、平成9年に横浜市立大学整形外科へ入局し、大学附属病院をはじめ、横浜市立市民病院などの地域の基幹病院で、整形外科医として豊富な臨床経験を積んでまいりました。特に脊椎疾患・外傷に力を入れ、外来診療・手術・リハビリテーションを行ってまいりました。また、趣味のバレエ鑑賞が高じ、クラッシックバレエのダンサーに関する数々の学会発表、論文発表もしております。

平成19年から3年間は、横浜市大センター病院・高度救命救急センターに勤務し、外科や内科、麻酔科などのスペシャリストとチームを組んで、心肺停止や重症多発外傷、特殊外傷の診療・緊急手術・集中治療管理等を行っておりました。あらためて他科領域との連携、チーム医療の大切さを学びました。

小谷クリニックは病床のない医療機関としてはめずらしく、内科をはじめ小児科、眼科、整形外科の常勤医がおり、その他非常勤ながらも神経内科、皮膚科もあり、他科との連携がスムースに行えるというすばらしい利点があります。また小谷クリニックは、わが母校・関東学院六浦高校や大学附属病院と同じ金沢区に位置し、私にとって非常に親しみのある土地にあります。

赴任にあたり、整形外科専門医としての知識と臨床経験を生かし、患者様ひとりひとりとの対話を大切にしながら、地域医療に貢献できるよう全力を尽くしていく所存です。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

眼科部長 飛鳥田有里

4月から 眼科 の診察を担当させて頂きます飛鳥田有里と申します。患者さんのお話を親身になってうかがい、最適で最善の治療をご提供できますよう心がけていきます。

高血圧や糖尿病などの全身のご病気と関連した眼の症状も多くあります。学校検診で視力の再検査や眼鏡の作成をいわれるお子さんもいらっしゃることでしょう。また春先には、眼のかゆみ、異物感(ごろごろ感)、まぶたの腫れなど、花粉によるアレルギー症状をお持ちの患者さんも多くいらっしゃるかと思います。その他、黒い点や虫のようなものが眼の前を飛んでみえる(飛蚊症)、視界の一部が欠けてみえる、みえにくい、かすむ、物が二重にみえるなどの自覚症状も、眼の病気のサインであることが多いです。

眼に関する悩みごとがあれば、どんな小さなことでもお気軽に診察室にお立ち寄り下さい。少しでも症状が軽くなりますよう努めさせて頂きます。よろしくお願い申し上げます。